看護師転職NAVI - 利用者満足度の高い人気の看護師求人サイトランキング

HOME > 働きたい施設の看護師求人探し > まじでもう夜勤無理!病院の外来看護師に転職する方法

病院の外来看護師として働きたい

外来は楽というイメージが強い職場ですよね。結婚していたり子育て中だったり、夜勤がきついと感じている看護師にとって、外来勤務は夢の職場でしょう。

ここでは、外来看護師の仕事内容、病棟看護師との違い、外来のメリットとデメリット、外来看護師の給料といった感じで、外来へ転職するなら知っておきたい情報を集約してみました。人気の外来求人を探すコツも紹介しているので、外来へ転職したい看護師の方はお役立て下さい。

看護師の外来勤務とは?

看護師の外来勤務は、一般外来と緊急外来の2つがあります。

一般外来は一般的に楽というイメージ、緊急外来は忙しく、スキルや能力が問われる職場ですよね。ここでは、一般外来の仕事内容や給料について詳しく紹介していきます。

一般外来と病棟との違い

病棟看護師は、入院患者さんのケアを行います。患者さんは病棟で1日中過ごすことになりますから、点滴や注射以外に、食事の世話やトイレの介助など病棟での生活全般のサポートが必要になります。

一方、外来の看護師は、医師の診察介助が主な仕事になり、看護師が患者さんの問診も担当します。毎日たくさんの患者さんが出入りし、患者さんの診察がスムーズに進むようさばいていかなければなりません。

病棟の方が大変そうですが、外来も限られた診療時間で多くの患者さんの診療を適切かつ迅速に進めるべく、問診したり診療補助を行うので、要領良く仕事をこなす必要があります。

場合によっては、病棟より忙しいケースも。一般外来は夜勤がないという楽はありますが、仕事内容は病棟より忙しい病院もあります。転職先を探す時は一般外来の忙しさや1日の外来患者数、入院患者数を把握しておくことは重要です。

一般外来で求められる看護アセスメント

一般外来では、病棟と違い患者さんと長い間コミュニケーションを取ることがありません。それが楽と取られがちですが、高いアセスメント能力がないと患者さんの重度の病気に気付いてあげることは難しいです。

特に、高齢者の患者さんは複数の疾患を抱えがち。自覚症状がなかったり、症状があっても忘れていることも多いので、看護師からこういった症状はないかと尋ねて引き出してあげることも大切。

一般外来で働く看護師は、長年の臨床経験で培ったアセスメント能力からコミュニケーション能力が問われる場ともいえます。

外来看護師のメリットとデメリット

では、外来看護師のメリットとデメリットを見て行きましょう。

外来看護師で働くとココが良い!

  • 夜勤がない
  • 残業が少ない
  • 子育て中の看護師が多い

外来看護師はココが残念!

  • 一般外来は夜勤よりも給料が下がる
  • 一般外来配属の求人が少ない
  • 患者さんと密に関わりあえない

病棟から一般外来へ転職した看護師の多くがデメリットと感じているのは、給料。外来看護師の給料は、20~25万円程度と病棟と比べて低いです。地方の病院の一般外来だと20万円以下の給料というのも珍しくありません。

一般外来へ転職する時は、給料が少しでも高い病院求人を見つけて転職するのが好ましですね。

外来勤務が向いている看護師

外来看護師は、医師の診察がスムーズに進むよう、臨機応変な対処ができる能力が必要になります。マニュアルどおりに仕事をするのではなく、状況を見ながら自分で考えて判断できる人、てきぱきと動ける人が向いている仕事です。

また、外来にはいろいろな患者さんが訪れますから、どんな患者さんとも明るく笑顔でコミュニケーションできる能力も必要です。

外来未経験に求められるスキル

外来看護師の仕事は医師の診察介助が中心になります。病院によっては、外来看護師が処置を行うことも少なく、看護スキルが要求される場面もそれほどないところもあります。 外来看護師は、看護スキルより一般外来では、臨機応変に対応する能力やアセスメント能力、高いコミュニケーション能力が求められます。

臨床経験は3年以上が採用されやすい

一般外来は未経験でも採用されやすいですが、病棟での臨床経験は長ければ長い程、有利です。

臨床経験が少ないとこういった能力は不十分なこともあるので、採用側は最低臨床経験3年以上の看護師を求めてます。第二新卒やクリニック勤務が長い看護師は、採用が不利かもしれません。

外来の看護師求人を探す時のポイント

一口に外来と言っても、病院によって仕事の内容は違っています。まず病院とクリニックで求められる経験が違いますし、どこまで処置をするかも違います。また、急がしさは場所によって全然違います。

また、外来では医師とのかかわりが多くなりますから、医師の性格や他の看護師の年齢層、職場の雰囲気などについてもできるだけ情報を集めておいた方が良いでしょう。

外来求人の情報収集の効率の良い方法

1日の外来患者数や入院患者数は、大きな病院であれば病院のHPで調べることができますが、看護師の人数や処置の内容、看護師の雰囲気や忙しさは入職してみないと分からないですよね。調べるのに一苦労することでしょう。

看護師転職サイトで内部情報を詳しく調べてくれる

看護師転職サイトでは、病院見学や面接時には分からない病院の忙しさや看護師の年齢層、職場の雰囲気を教えてもらえます。

看護師転職サイトのコンサルタントは、採用の打ち合わせや面接で何度もその病院を訪れています。肌で感じたリアルな内部情報を知ることができるので、入職後に相違は少ないでしょう。

大学病院の外来求人は非公開求人にあり!

一般外来の求人を探す時に困るのが、配属先が外来で決まっている求人がほぼないこと。大学病院や総合病院の求人は探せても、ピンポイントで一般外来の病院求人を探すことはほぼ不可能です。

看護師求人サイトであれば、一般外来で看護師を募集している病院をピックアップして紹介してくれます。働きたい病院がある場合は、逆指名制度といって求人がなくもてコンサルタントが病院に問い合わせしてくれます。

病院の外来で働きたい看護師さんは、看護師転職サイトに登録して求人探しをしましょう。地域の病院事情に詳しいキャリアコンサルタントが、高給与で働きやすい外来の求人を探して紹介してくれます。

一般外来へ問い合わせしてくれるのはマイナビ看護師

マイナビ看護師は、希望条件の病院求人がなくても断られることがほぼありません。求人がないなら病院に問い合わせをしっかりしてくれます。「他社では希望の一般外来の求人はないと断られたけど、マイナビ看護師からは紹介してもらえた」という口コミもあり。

一般外来の求人を探してみたけどどこにもないと困っている看護師の方は、マイナビ看護師に相談しかありません。一般外来への狭き門へ転職を成功できた看護師のほとんどが、マイナビ看護師を利用しています。

まとめ

一般外来で働くなら、外来に異動願いを出すか、一般外来の求人を探すしかありません。しかし、一般外来配属で求人はほぼありません。看護師転職サイトに頼んで、一般外来で看護師が不足している病院をピックアップしてもらうしかありません。マイナビ看護師は、希望の病院の一般外来へ問い合わせを行ってくれるので、相談しない手はありません。

Copyright(c) 2019 看護師求人・転職サイトランキング https://beco-helper.jp 看護師転職NAVI - 利用者満足度の高い人気の看護師求人サイトランキング All Rights Reserved.