看護師転職NAVI - 利用者満足度の高い人気の看護師求人サイトランキング

HOME > 看護師転職の悩み > 看護師の転職における入職のよくあるトラブル4つとトラブル回避の方法

看護師が入職の時、トラブルがおきないようにする方法は?

看護師が転職する時や入職後にトラブルになることは、珍しいことではありません。ここでは、看護師の転職時におこるトラブルについて詳しく解説しています。どういった点に気を付ければ、トラブルなく転職が成功するのか解決法や注意点も紹介しています。転職を成功させたい看護師の方のお役にたてれば幸いです。

看護師の転職時によくある入職トラブル5

  • なかなか退職させてもらえない
  • 入職後、聞いていた給料より低かった
  • 希望の曜日で休みが取れる条件で入職したのに入職後は休めなかった
  • 内定通知が来たけど内定を待ってもらいたい(辞退したい)けどどうしたらいいか分からない
  • 転職先に提出しなければいけない書類が退職した病院からなかなか届かない

看護師が転職した時に起きるトラブルの多くは、求人票や面接時に言われていた勤務条件が入職後に違かったというもの。看護師が転職で失敗したと思う点はこの相違の点です。求人票はあくまでも参考程度、入職後の実際の給料や休みについて明確にしておくことはとても大事です。口頭での約束は信用できませんよ。

退職時&入職時トラブルをなくすためにやっておく4つのこと

では、退職時や入職時のトラブルを解消するためにはどうしたらよいのでしょうか?以下の4つのポイントに注意して、転職準備を始めてみましょう。

  • 退職を申し出るタイミングや誰に言うか、言い方に気を付ける
  • 入職後の勤務条件は書面にしてもらう
  • 内定を待ってもらう、内定辞退のベストな方法を知っておく
  • 退職した病院へ必要書類と期日をしっかり伝えておく

(1)スパッと辞められる!看護師のベストな辞め方

どこの病院でも退職を申し出たら、必ず止められるでしょう。体調不良なら少し休んでも良いと言われたり、給料やボーナスアップ提示されたり…今まで怖かった看護師長や主任が急に優しくなって引き留めてくることでしょう。

しかし、辞めると決意したのならどんな理由を言われても揺るがない強い気持ちを持って退職を申し出ることが大事です。まず、退職理由を明確にし、上司に強くしっかりと伝えること。

(2)退職時期を明確に!

退職時期をしっかりと伝えること。「○月末で辞めさせて下さい」と退職の期日を明確に提示して下さい。辞めたいだけ伝えては、ただの相談で終わってしまいますし、次の看護師が入ってくるまでとずるずると働かされてしまいます。

退職できずに心が折れそうになったら頼れるのは看護師転職サイト

看護師転職サイトでは、円満退職のアドバイスを具体的にしてくれます。コンサルタントは多くの看護師の退職アドバイスをしてきた方たちばかり。上司の人柄によってどう出れば円満に退職できるのか熟知しています。

1人で退職を申し出るとほだされてしまう可能性が高い。退職の申し出をしたら、相手は直属の上司から主任、看護師長と複数人でミーティングを行って看護師をどうにか残ってもらおうと説得しようと試みてくるかもしれません。

看護師転職サイトのコンサルタントを見方につければ、もう1人ではありません。心が揺らいでも励ましてくれるので、心が折れずに転職することができます。

(3)入職後の「聞いていたことと違った」を防ぐには入職後の勤務条件は書面にしてもらう

看護師さんが転職して後悔したと思う理由のトップが、「入職してみたら聞いていた条件と違っていた」ということです。給与の額が募集要項と違っていたり、休日が思っていたより少なかったりすれば、誰でも納得がいかないでしょう。病院側が説明したつもりでも、こちらは聞いてないということも起こり得ます。こうした行き違いを防ぐために、労働契約の内容は書面で確認しておくことが大事です。

労働条件が書面化されないケースもある

労働基準法では、賃金・労働時間その他の労働条件は書面などで明示しなければならないことになっています。けれど、雇用契約書等の書面が作成されているかどうか常にどこかからチェックされるわけではありませんから、実際には病院でも雇用契約書が作成されないことがしばしばあります。入職が決まった時点で雇用契約書が作成されていなければ、後々のトラブルも多くなってしまいます。

辞めたいという気持ちが先走ってしまって、適当に病院を決めては転職は失敗します。しっかり入職前に勤務状況を確認することが大事。給料や休みといった勤務条件は口約束ではなく、メールでも良いので必ず書面でもらっておきましょう。

看護師転職サイト経由ならきちんと書面化してもらえる

自分で応募した場合には、採用が決まった後、雇用契約書が作成されなくても、特に疑問に思わないこともあります。また、実際こちらから契約書を作ってほしいというのはなかなか言い出しにくいものです。看護師転職サイトを経由して応募した場合には、採用が決まった後、労働条件を明示した契約書を用意してもらえます。契約書があれば、後で聞いていたことと違うと言うことも起こりません。

入職後にもコンサルタントに相談できる

看護師転職サイトのサポートは、転職先に入職したらそれで終わりではありません。ほとんどのサイトで、入職後のサポートも行っています。入職後サポートがあれば、入職後もコンサルタントに相談できますから、聞いていた話と違うと思ったことはコンサルタントを通して確認してもらうこともできます。入職直後は何かと疑問や不安が生じやすい時期ですから、コンサルタントの存在は心強いです。

しかし中には、お願いしても書面にしてもらない、口頭だけで濁されるといったような看護師転職サイトで転職はしない方がよいです。入職後に勤務条件が違うといったトラブルが起こっても対応してもらえない可能性があります。こんな看護師転職サイトは使わない方がいいです。

(4)必要書類が届かないトラブルの解決法

入職時には、以下の書類が必要となります。

  • 離職票
  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳

離職票と源泉徴収票は、通常退職後に郵送で送られてきます。忙しい病院であったり、病院事務との連絡違いで必要書類が届かないというトラブルも起きます。早めの期日を明確に伝えておきましょう。万が一の場合は、取りに行くという手段も選ぶべきです。

入職トラブルを避ける必須の方法

以上のような転職時や入職時のトラブルは、看護師転職サイトを利用すれば解消されます。後悔しない転職をしたい看護師さんは、看護師転職サイトを活用しないと損。看護師転職サイトを通じて転職先が決まれば、労働条件を必ず書面にしてくれますから、雇用に関するトラブルを防ぐことができます。

特に、転職前も入職後のトラブルもしっかりケアしてくれると口コミが良い看護師転職サイトは、マイナビ看護師です。

トラブルにも丁寧に対応してくれる口コミ多数のマイナビ看護師

マイナビ看護師は、丁寧なサポートが人気の看護師転職サイト。求人紹介以外のサポートが親切でためになったという評判が多いです。その理由は、マイナビという認知度に負けないようにコンサルタントの育成に力を入れているから。マイナビ看護師は楽天リサーチ調べで3年連続で認知度No.1を獲得しています。

まとめ

看護師の転職や入職時にはトラブルはつきもの。看護師転職サイトを利用すれば、トラブルがあっても簡単に解決できます。特に、トラブル時に丁寧にサポートしてくれたという口コミが多いのはマイナビ看護師。

看護師で転職は失敗ばかりという方こそ、マイナビ看護師を利用して今度こそ転職を成功させて欲しいです。

Copyright(c) 2019 看護師求人・転職サイトランキング https://beco-helper.jp 看護師転職NAVI - 利用者満足度の高い人気の看護師求人サイトランキング All Rights Reserved.