看護師転職NAVI - 利用者満足度の高い人気の看護師求人サイトランキング

手術室看護師求人の特徴

手術室看護師の仕事内容

手術室看護師は、特定の診療科に所属するのではなく、手術室専属で業務を行う看護師です。手術室看護師の仕事は、主に器械出しと外回りの2つです。器械出しとは、手術中に医師に器具を手渡しながらサポートを行う仕事です。外回りは手術の進行具合を見ながら全体をマネジメントする役割で、患者さんへの声掛けを行ったり、看護記録を作成したりします。手術室看護師は、術前術後訪問を行うこともあります。

手術室看護師の年収

手術室看護師は専門的なスキルが必要なので給与が高いイメージがありますが、実際には他の病棟勤務の看護師とそれほど変わりません。手術というのは緊急の場合を除き計画的に行われるものですから、手術室看護師には夜勤がなく、夜勤手当がつかないことも多いからです。年収としては470万円くらいが相場ですが、病院によってもかなりの差があり、500万円を超える年収をもらえるところもあります。

手術室看護師に必要なスキルや経験

手術室看護師の仕事は病棟勤務の看護師と大きく違っていますから、手術室での経験があれば転職の際有利にはなります。けれど、手術室での仕事は配属後に教えてもらえますから、経験ばかりが重視されるわけではありません。手術室では医師をはじめとしたチームで仕事をしますので、他のスタッフと協力しながらてきぱきと仕事を進められる能力が何より要求されます。

手術室看護師に向いている人

手術室というのは非常に緊張感のある職場ですから、手術室で働くためにはこうした緊張感に耐えられなければなりません。緊張感がストレスにならず、むしろやりがいを感じられるという看護師さんに向いています。また、手術室は日勤のみとなっており、緊急手術はオンコールや当直で対応しているところも多いので、家庭と両立しながら働きたいという看護師さんにもおすすめです。

手術室看護師の求人はそれほど多くはなく、好条件の求人は非公開募集されているケースがほとんどです。手術室看護師の求人情報を効率良く入手するために、看護師転職サイトに会員登録しておきましょう。

手術室看護師求人の特徴 > 科目別看護師求人の特徴 > 手術室看護師求人の特徴
つぶやく Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに追加 livedoorクリップに投稿
Copyright(c) 2018 看護師求人・転職サイトランキング http://beco-helper.jp 看護師転職NAVI - 利用者満足度の高い人気の看護師求人サイトランキング All Rights Reserved.
会員限定に紹介してる非公開求人を登録後、すぐに紹介!一押しのナース人材バンク! >>>